細腕・太腕 繁盛記

カテゴリーモード [古布・和布 ] 記事一覧

スポンサーサイト

  • --.--.-- 
  • TB(-) |
  • CO(-) 

(幟博物館)二宮金次郎

「二宮尊徳」 通称「二宮金次郎」 は出世のシンボルとして、江戸時代の中頃から男子誕生の喜びを広く世間に知らせるために戸外に幟(のぼり)として立てられるようになりました。 戦前に多かったと聞く二宮金次郎は、元気でたくましく、勤勉に育てよ。といった願いが込められています。端午の節句(5月5日)まで。日本の伝統的風習。「武者のぼり」について、このブログで紹介しています。「武者のぼり」の歴史は古く、鎌倉時代の武...

(幟博物館)七福神

七福神とは、恵比寿、大黒、布袋、毘沙門天、弁財天、福禄寿、寿老人の七人の神様のこと で、福を運んでくるめでたい存在として、古くより親しまれてきました。七福神は めでたい吉祥画として盛んに描かれ、武者絵のぼりの図柄にも子供に幸多い人生を、との願いで描かれています。 端午の節句(5月5日)まで。日本の伝統的風習。「武者のぼり」について、このブログで紹介しています。「武者のぼり」の歴史は古く、鎌倉時代の武士...

(幟博物館) 浦島太郎

節句のぼり旗は縁起物の絵柄の他にも昔話のヒーローも登場します。この節句旗は絵柄も珍しく昭和初期以前に作られた大変に古いものです。端午の節句(5月5日)まで。日本の伝統的風習。「武者のぼり」について、このブログで紹介しています。「武者のぼり」の歴史は古く、鎌倉時代の武士の旗さしものの幟を起源とし江戸中期頃、初めは武家社会の間で端午の節句頃になると武将の姿を描いて庭先に飾りました。後に一般大衆化しました...

(幟博物館)高砂

熊手を持った翁(おきな)と箒を持った媼(おうな)が相生(あいおい)の松の下に立つ図柄は、高砂図の代表的なものです。砂浜に老夫婦に鶴、亀、松など、夫婦の長寿と和合、家庭の永年の繁栄を祈願して描かれています。端午の節句(5月5日)まで。日本の伝統的風習。「武者のぼり」について、このブログで紹介しています。「武者のぼり」の歴史は古く、鎌倉時代の武士の旗さしものの幟を起源とし江戸中期頃、初めは武家社会の間で...

(幟博物館)神功皇后

第十四代仲哀(ちゅうあい)天皇の后とされる神話上の人物が神功皇后(じんぐうこうごう)です。神功皇后は新羅(しらぎ)制圧の後、第十五代応神天皇を生んだといわれます。このことから母子健康の神様、安産の神様とされています。神功皇后は母子健康を願い、応神天皇が生まれた場面が描かれています。 応神天皇を抱くのは武内宿禰(たけのうちすくね)(長命で五人の天皇に仕えたとされる神話上の人物)です。 端午の節句(5月5日)まで...

左サイドメニュー

プロフィール

なごみ屋

Author:なごみ屋
小さなお店ですが大きな夢を持って頑張っています。

検索フォーム

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード

右サイドメニュー

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

最新トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。